数学の式の符号の変換方法

符号の変換

学習する学年:中学生

1.符号の変換方法の説明

みなさんは、中学生の時にプラスマイナスの符号が混ざった数の取り扱いについて勉強したと思いますが覚えていますか?

符号が組み合わされた数には符号を変える為の4つのルールがあります。
そのルールに当てはめてもらえば簡単に符号について理解できますので、1つずつ覚えていきましょう。

符号が組み合わされた数は、次のように符号を変えることができます。

  1. プラス(プラスの数)=プラスの数
  2. プラス(マイナスの数)=マイナスの数
  3. マイナス(プラスの数)=マイナスの数
  4. マイナス(マイマスの数)=プラスの数

例えば、上で説明したルールに従って、次のように数をあてはめて確認してみましょう。

  1. +(+5)=+5
  2. +(-5)=-5
  3. -(+5)=-5
  4. -(-5)=+5

このルールをわかりやすく考えるには、プラスの符号を省略した状態を思い浮かべてください。

  1. -5
  2. -(5)
  3. -(-5)

となります。

-(-5)は次のように考えるとわかりやすいと思います。

マイナスとマイナス符号時の変換の考え方
スポンサーリンク

2.式を符号変換してみましょう

次の式を、-( )の形に変換してください。

  1. 5+2=
  2. 5-2=
  3. -5+2=
  4. -5-2=

変換した答え

  1. 5+2=-(-5-2)
  2. 5-2=-(-5+2)
  3. -5+2=-(+5-2)
  4. -5-2=-(+5+2)

符号の変換をしていないものと、変換したものを見比べてください。
計算しやすくなったものがありませんか。
これは計算をする上での基本となることです。

人それぞれ計算しやすい方法があると思いますので、符号の変換を有効に使って計算をどのようにしたら簡単にできるのか考えてみてください。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク