算数の距離の求め方

距離の求め方

学習する学年:小学生

1.距離について

距離は、普段の生活ではよく使われているものです。

例えば、地図で距離を測ると
家から中学校まで500mの距離がある、
家からショッピングセンターまで5kmの距離がある、
家から会社まで20km離れている、

というように、私たちは目的地までの距離をよく調べたりします。

そして、この距離は目的地に到着するまでに掛かる時間と速さがわかれば計算できるようになります。
距離をわかり易く求めるには、距離の単位を見てください。

みなさんは、距離の単位を覚えていますか?
km(キロメートル)やm(メートル)
などをよく見かけると思いますが、これらがよく使うことが多い距離の単位です。

それでは、速さと時間を使って距離を求めてみましょう。
速さと時間を使って計算した答えの単位が距離の単位であるkmやmにするにはどうしたらいいでしょうか?

まずは、速さと時間の単位を考えてみましょう。
速さの単位はkm/hやm/s、
時間の単位はhやm、
をよく使いますね。

この速さと時間の単位を使って距離の単位kmにする時は、
(km/h)×h
をすれば計算結果はkmになります。

mにする時は、
(m/s)×s
をすれば計算結果はmになります。

どういうことかというと、距離を求めるには、
距離=速さ×時間
を計算すればいいことがわかります。

スポンサーリンク

2.図を使って距離を求める式を覚える

単位を見て距離を計算する方法の他に、もう1つわかり易い方法があります。

次の様な図を描いてください。
描き方は丸の中に、は、じ、き、という文字を書いて、それぞれ線で区切ってください。

速さ、時間、距離を求める関係図

丸の中のそれぞれの言葉の意味は、
は=速さ、じ=時間、き=距離、のことを表しています。

今回の場合は、
距離を求めたいので丸の中の「き」と書いてある部分を丸の外に移動して、「き」と丸の図形をイコールで結んでください。

この作業をすることによって式ができます。
この図をじっと見て何か思い浮かびませんか?
き=は×じ、に見えませんか?

距離を求める図

き(距離)=は(速さ)×じ(時間)という式ができましたので、初めに説明しました単位から距離を求める方法と同じ式ができ上がりました。

速さを求める公式

という式になります。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク