算数の等号、不等号、符号付き不等号の説明

等号、不等号

学習する学年:小学生

1.等号と不等号について

二つ以上の数を比べる時に、どの数が大きいか小さいかそれとも等しいかを表す方法として、等号と不等号という記号があります。

等号と不等号の記号は、下のような記号です。
小学生の時に勉強していますので忘れているのではないでしょうか。

等号と不等号の記号

毎日計算をしている方は等号の記号は普段から使っていると思いますが、不等号の記号は算数や数学の教科書を見ない限り普段の生活ではほとんど使う機会はありません。

それでは、等号と不等号の意味を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2.等号の説明

等号は、計算式を解いていくと必ず出てくるので、みなさんがよく知っている記号です。

足し算や引き算を計算する時にもでてきます。

足し算や引き算などの式に等号は使われている

等号とは、この式でいうと、

のことです。

別名は、イコールといいます。
等号の意味は、等しいということを表しています。

下の式を見てください。

等号の説明

この式では、丸と三角は等しい関係にあるという意味になります。

3.不等号の説明

不等号は、2つ以上の数がある時に、どちらの数が大きいのか小さいのかを表すときに使います。

下の式を見てください。

不等号の説明
この不等号の式を説明します。
(1)は、丸は三角より大きい(三角は丸より小さい)ことを表しています。
(2)は、丸は三角より小さい(三角は丸より大きい)ことを表しています。

4.符号付き不等号の説明

最後に、符号付き不等号という記号を説明します。
符号付き不等号は、等号と不等号がそれぞれ持っている意味が1つに合わさっている記号です。

この記号は、等しいか又は大きいか、等しいか又は小さいかという意味を持っています。

符号付き不等号の説明
この符号付き不等号の式を説明します。
(3)は、丸は三角と等しいか又は丸は三角より大きい(三角と丸は等しいか又は三角は丸より小さい)ことを表しています。
(4)は丸は三角と等しいか又は丸は三角より小さい(三角と丸は等しいか又は三角は丸より大きい)ことを表しています。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク