数学の符号を組み合わせた式の計算方法

符号の組合わせの計算

学習する学年:中学生

1.基本となる符号の組み合わせの説明

小学生の時ではスムーズに計算できた四則演算も、中学生になるとプラスやらマイマスやらの符号の組み合わせがでてきて、式を計算することは難しくなってきます。

符号の組み合わせは、2つの数を計算する場合では次に説明する4パターンがあります。

  1. プラスの数とプラスの数の計算
  2. プラスの数とマイナスの数の計算
  3. マイナスの数とプラスの数の計算
  4. マイナスの数とマイナスの数の計算

計算をやりやすくするためには、まず、この基本となる4パターンの計算をする時の符号の取り扱い方法について覚えてください。

スポンサーリンク

2.+の数と+の数の組み合わせの計算

次の式を計算しましょう。

+5+2=

答えは7です。
普通に足してもらえれば、答えがでますので簡単でしたね。

3.+の数と-の数の組み合わせの計算

次の式を計算しましょう。

+5-2=

答えは3です。
この場合も、普通に計算できましたので簡単でしたね。

4.-の数と+の数の組み合わせの計算

次の式を計算しましょう。

-5+2=

これはぱっと見てわかりそうです。
しかし、論理的に計算してみましょう。
基本は、大きい数から小さい数を引くことができます。

それでは、
上の式を符号を変えて、大きい数から小さい数を引くようにしてみましょう。

-5+2=-(5-2)=

というように、符号を変えると式を書き換えることができます。

符号の変換の方法がわからない方はこちら 符号の変換 を見てください。

この式の計算方法は、カッコで囲まれた中を計算をしてから、最後に計算結果にマイナス符号を付けてください。
したがって、5-2を計算して、その数にマイナスを付けます。
答えは-3となります。

5.-の数と-の数の組み合わせの計算

次の式を計算しましょう。

-5-2=

これもぱっと見てわかりそうですが論理的に考えてみましょう。
この式も符号を変えてみましょう。

-5-2=-(5+2)=

このような形にできると計算がやりやすくなります。
カッコの中の数の足しざんを普通にして、その計算した数にマイナス符号を付ければいいですね。
答えは-7となります。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク