算数の四則演算(足し算、引き算)が苦手な人の為のわかりやすい計算方法

四則演算が苦手な人へ1

学習する学年:小学生

1.算数の計算ができるようになるにはどうしたらいい?

算数を少し勉強していくと、
四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)
がわからないと問題が解けなくなってくる事があります。

足し算は
普通に足していけばわかりますが

引き算は
マイナスの符号が出てきたらわからなくなり

掛け算は
九九は少しわかるんだけど

割り算が
出てきたらちんぷんかんぷんです。

思い当たった人はいますか?
そういう経験ありませんか?

足し算は、簡単ですので普通に足していけば計算できると思います。

引き算は、マイナスの符号が出てきたらどのように計算したらいいのか、わからなくなったりしますが、それは計算のルールを理解していないからです。

掛け算は、九九をしっかり暗記している方なら簡単に計算できます。

割り算は、割るという言葉の意味が理解できていないと難しいかもしれません。

算数なんてよくわからないという人は1桁どうしの足し算から勉強を始めましょう。

まず、次のような横一直線の図をイメージして下さい。
右に行くほど数は大きくなり
左に行くほど数は小さくなるますを書きます。
このますを使って足し算、引き算、掛け算、割り算を計算していきましょう。

数字をますを使ってイメージしやすくする

スポンサーリンク

2.足し算の意味を理解する

では、1+3を計算してみましょう。

この式は
1と+3に分解できます。

始点が1でそこから+3移動させた数が答えです。
ですので、1のますから右に3移動させた数が答えになります。

足し算をますを使ってわかりやすくする

答えは4です。

3.引き算の意味を理解する

次は、引き算をしてみましょう。

1-3を計算してみましょう。

この式は
1と-3に分解できます。

始点が1でそこから-3移動させた数が答えです。
ですので、1のますから左に3移動させた数が答えになります。

引き算をますを使ってわかりやすくする

答えは-2です。

このようなますをイメージすると、計算がしやすくなると思います。

4.自宅学習で小学生の成績を上げるおすすめの教材

学校で勉強した後に家に帰ってから習ったところを復習することはとても大切なことです。

しかし、そもそも勉強が苦手で授業についていけない方は勉強が効率よく進みません。

昔は、教科の成績を上げる為には塾に通うことが当たり前でしたが、最近ではインターネット環境が進化したのでいろいろな会社からタブレットと通信回線を使って自宅学習で成績を上げる教材があります。
通信学習は塾と比べると安い費用で手軽に勉強ができるのでおすすめです。

おすすめ1(テキスト学習)
ドラえもんやドラミちゃんに興味がある年少の3歳から小学6年生までのお子さんは、ドラえもんのテキストで勉強するドラゼミがおすすめです。

おすすめ2(テキスト学習)
タブレット学習ではなく、テキストを使って親子でコミュニケーションを取りながら家庭学習をしたい方はポピーがおすすめです。

おすすめ3(テキスト・タブレット学習)
学校の授業を理解してテストの点数アップを目指すなら進研ゼミプラスの小学講座がおすすめです。

おすすめ4(タブレット学習)
勉強をするきっかけを作りたい小学生のお子さんには、専用のタブレットで勉強するスマイルゼミがおすすめです。

その他では、年中~小学6年生のお子さんで教室に通って勉強したい方は 総合学習教室「小学館アカデミー」 がおすすめです。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


おすすめ
↓ドラえもんのたしざん・ひきざん↓

たしざん・ひきざん
(ドラえもんの学習シリーズ)
Amazonで詳細を見る>
スポンサーリンク