算数の四則演算(掛け算、割り算)が苦手な人の為のわかりやすい計算方法

四則演算が苦手な人へ2

学習する学年:小学生

1.掛け算と割り算を始める前に

四則演算の足し算、引き算が根本的によくわからないという方は、こちら 四則演算が苦手な人へ1 も併用して勉強してください。

この項では、どうしても掛け算と割り算が理解できなかった方、又はなんとなくしかわからなかった方を対象として、数と計算をイメージしやすいように説明します。

2.掛け算の意味を理解する

1ケタどうしの掛け算は、小学生2年生や3年生で、九九というものを勉強します。

私は小学生だった時、九九を覚える為に
何回でも呪文のように唱えて必死に覚えていました。

例えば、
3×2=6
さにがろく

6×3=18
ろくさんじゅうはち

このようにひたすら覚える方法でもいいのですが、掛け算の理屈がわかれば、さらに九九のイメージ(掛け算のイメージ)ができるようになると思います。

例えば、下の図を見てください。
3×2=とは
3が2つあるということなので
3+3=に置き換えることができます。

掛け算をますを使ってわかりやすくする

6×3=とは
6が3つあるということなので
6+6+6=となります。

1ケタどうしの掛け算は、足し算に置き換えると数のイメージがしやすくなると思います。

スポンサーリンク

3.割り算の意味を理解する

次は、割り算について説明します。

例えば
10÷2=□
という式があるとします。

これは、10のマスから0(ゼロ)に向かって2ずつ移動させてください。
下の図を見てください。図で描くとこのようになります。

割り算をますを使ってわかりやすくする

ここでみなさんに質問です。
2ずつ何回動かしたら0になりましたか?
答えは5回です。

よって、
10÷2=5です。

では、この式はどうなりますか。
15÷5=□

15から0(ゼロ)に向かって5づつ3回動かすと0になるので、答えは3です。

それでは、
上の式を掛け算、足し算にしてみます。

2×□=10
2+2+2+2+2=10

5×□=15
5+5+5=15

あとは、数を数えれば答えはわかります。
2が5つあるので
2×5となり、
答えは5

5が3つあるので
5×3となり、
答えは3

このような計算方法を使うと、割り算がわかりやすく理解できると思います。
数をイメージしながら計算できるようになると算数が面白くなりますので、まずは数に慣れて頭の回転を磨いてください。

4.自宅学習で小学生の成績を上げるおすすめの教材

学校で勉強した後に家に帰ってから習ったところを復習することはとても大切なことです。

しかし、そもそも勉強が苦手で授業についていけない方は勉強が効率よく進みません。

昔は、教科の成績を上げる為には塾に通うことが当たり前でしたが、最近ではインターネット環境が進化したのでいろいろな会社からタブレットと通信回線を使って自宅学習で成績を上げる教材があります。
通信学習は塾と比べると安い費用で手軽に勉強ができるのでおすすめです。

おすすめ1(テキスト学習)
ドラえもんやドラミちゃんに興味がある年少の3歳から小学6年生までのお子さんは、ドラえもんのテキストで勉強するドラゼミがおすすめです。

おすすめ2(テキスト学習)
タブレット学習ではなく、テキストを使って親子でコミュニケーションを取りながら家庭学習をしたい方はポピーがおすすめです。

おすすめ3(テキスト・タブレット学習)
学校の授業を理解してテストの点数アップを目指すなら進研ゼミプラスの小学講座がおすすめです。

おすすめ4(タブレット学習)
勉強をするきっかけを作りたい小学生のお子さんには、専用のタブレットで勉強するスマイルゼミがおすすめです。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


おすすめ
↓ドラえもんのかけ算・わり算↓

かけ算・わり算
(ドラえもんの学習シリーズ)
Amazonで詳細を見る>
スポンサーリンク