数学の1次方程式を解く方法

1次方程式の解き方

学習する学年:中学生

1.1次方程式を解く方法

中学生の時に1次方程式を勉強したと思いますが、1次方程式とはどういう式だったのか説明できますか?
忘れてしまったという方は、こちら 1次方程式 を見てください。

学年が進むにつれて、より複雑な方程式が出てくるようになります。
数学が嫌いになる前に、基本中の基本である1次方程式を理解してください。

1次方程式の解き方は、移項を使えば簡単に解けます。
移項って何?難しそうって思わなくても大丈夫です。
簡単な話が、数を右辺(右辺とはイコールの右側にあるもの)、左辺(左辺とはイコールの左側にあるもの)へ移動させて計算しているだけです。
そして、計算するコツをつかんでください。

移項がよくわからないという方は、こちら 変形と移項 を見てください。

スポンサーリンク

2.実際に1次方程式を解いてみよう

それでは、次の1次方程式を解いてみましょう。
3x+5=20

計算するコツは、左辺はxの項、右辺はそれ以外の項でまとめます。
では、1次方程式を解いていきます。

3x=20-5

3x=15

x=15/3

x=5

答えは、x=5になりました。

答えは5になりましたが、次は本当に計算した値が合っているか確かめてみましょう。
初めの式のxに5を入れて計算してみます。

3×5+5=20
15+5=20
20=20
右辺と左辺の値が等しくりましたので、x=5という答えは正しいといえます。

最後にもう1つ、1次方程式を解いてみましょう。
7x-3=x+9

左辺はxの項、右辺はそれ以外の項でまとめてくださいね。

7x-x=9+3

6x=12

x=12/6

x=2

答えは、x=2になりました。

では、答えが合っているか確かめてみましょう。
初めの式のxに2を入れて計算してみます。

7×2-3=2+9
14-3=11
11=11
右辺と左辺の値が等しくなりましたので、答えは正しいといえます。

トップページへ戻る |  学年別一覧へ行く |  問題を解いてみる

スポンサーリンク
トップページへ戻る
学年別一覧へ行く
問題を解いてみる
スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク